MX ERGOはトラックボール女子も満足の新世代マウス

ロジクールの新型トラックボール

トラックボールマウスはシェアこそそこまで大きくないものの根強いファンを獲得しているタイプのマウスです。マウス業界も矢継ぎ早に新作を出す中、トラックボールマウスはどちらかというと定番商品が継続販売され続けてきたイメージですが、この度ロジクールから新型のMX ERGOが発売されました。人気モデルM570の発売から7年ぶりの新作で、しかもMXの名を冠するフラッグシップモデルが登場しました。

トラックボール式のメリットとは?

通常、マウス本体を上下にスライドさせることでカーソルを操作しますが、トラックボール式は本体に付属するボールを動かすことでカーソルを操作します。つまりマウスそのものは動かさずにカーソルの操作が可能というのが最大のメリットです。頻繁に動かす必要が無い分、手首の疲れは少なくなります。

反面、非常に細かい動きをトラックボールで行うのは難しく、PC上で精密な動作を求められるなら通常のレーザーマウスの方が思い通りに動くと感じるはずです。

人間工学に基づいた疲れにくいボディ

マウス本体に手のひらが綺麗にフィットするように設計されたボディは長時間の使用でも疲れにくいです。各スイッチもマウス本体から飛びださず、全体的にフラットな形状となっています。視覚的にインパクトの強いトラックボールは、このモデルではブラックに変わりました。

ロジクール MX ERGO 更にユニークなのは底面の角度調整のプレートを取り付けることが出来、20度の傾斜角を設定できます。こうすることでマウスの角度が立ち気味になり、手首をひねらずに操作することが可能です。 その分M570に比べると幾分大きく、特に底面に角度を付けたときはそれが顕著です。非常に小さいマウスを希望するなら、MX ERGOは少し大きいかも知れません。

またバッテリーが乾電池式だったM570tに比べ、MX ERGOは内蔵式なのもポイントです。個人的にロジクールのマウスのバッテリーは充電も早く便利ですが、何年も使っていったときのバッテリーのヘタリは少し心配です。

フリースピンモードは欲しかった

ロジクールマウスの個人的に最も気に入っている部分は大量のスクロールを一瞬で行えるフリースピンモードです。最近はスクロール量の多いページが増えているので、ホイールが高速回転し一気にスキップできるフリースピンモードは大変便利な機能です。 MX ERGOに関してはこの機能はオミットされており、代わりに新しく横スクロール機能に対応するチルトホイールが搭載されています。MX ERGOは一万円オーバーの高級機なので出来れば盛り込んで欲しかったなという気はします。

耐久性も上がり、価格が許容できるなら有り

MX ERGOはM570に比べスイッチの耐久性が向上し、チャタリングを起こしにくいマウスになっています。 ただし、MX ERGOの価格は約13000円、大して旧型のM570tは発売から時間が経っている分価格がこなれており、4000円ほどで購入できます。トラックボールマウスにこだわる人ならMX ERGOが断然おすすめですが、試しにトラックボールマウスを使ってみたいという人にはM570tの方が購入しやすい価格になっています。