5万円からのビットコイン仮想通貨投資の始め方【2018年版】

f:id:review-osusume:20171231145856j:plain

今回は5万円を元手に仮想通貨への投資方法を考えてみたいと思います。この位の予算なら、一時的に含み損になっても心理的負担が少なく、始めやすいのではないでしょうか?社会人1年目や大学生の方でも無理なく用意できる金額です。

ぶっちゃけどのくらい儲かる?

仮想通貨への投資を検討されている方の気になるところはやはりここだと思います。
5万円を元手に投資したと仮定して、銘柄次第では半年保有で10倍から20倍が現実的なところです。もちろんハイリターンなチョイスをされる方は更に利益が伸びる可能性を秘めています。ちなみにビットコイン自体は比較的安定した銘柄ですが、それでも年間20倍くらいの上昇力が有ります。仮想通貨市場は2018年以降も成長が期待されており、早めに投資を開始することをおすすめしている状況です。

初期資金として5万円を用意できるなら、購入後はそのまま放置する形でも大丈夫です。相場は常に動いているため、自分ですることは有りません。金額的にもこのくらい有れば2倍、3倍になった時、まとまった金額として受け取ることが出来ます。

2018年も引き続きビットコインは強い

2018年やや弱気の相場で始まったビットコインですが、依然として470億円分ポンと買っていく投資家も新規参入するなど多額の投資マネーが流入しています。ビットコインは一般にリスク資産と考えられていますが、2018年の現在では値動きが比較的安定している上、仮想通貨の中でも非常に評価が高くなっています。ある日突然価値が無くなってしまう、という様な銘柄では有りません。

2月は仮想通貨市場も徐々に上向いているので、5月くらいまでは緩やかな上昇を見せるのではないでしょうか。その過程でビットコイン以外のマイナーな仮想通貨、リップルやイーサリアムといった銘柄にも注目が集まってくるので、5万円の予算が有るなら、2つに分けてもリスクを分散しても良いですね。

ビットコイン(特におすすめ)、ビットコインキャッシュ

まず皆さん気になっているビットコインは2018年もおすすめです。ビットコインは値動きの安定度は仮想通貨の中では比較的高いため、リスクを抑えたい方はやはりビットコインから始めるのが適しています。またビットコインから分裂したビットコインキャッシュもビットコインの価格に連動する傾向に有ります。こちらは本家ビットコインより少し荒っぽい動きをするため、より大きな値動きを期待する人はビットコインキャッシュもおすすめです。

必要な物はある?

仮想通貨の投資を始めるに当たって必要な物は、まず個人のメールアドレスです。次にスマートフォンも有ると便利ですね。時間・場所の制約を受けずに取引を行うことが出来ます。

逆にそれ以外の規制は緩く、実は仮想通貨の売買は高校生でも可能です(投資資金の準備が大変かもしれませんが
ビットコインを購入することは基本的に誰でも可能ですし、保有していることによる手数料や維持費もかかりませんので、もし銀行口座にお金を眠らせているのがもったいないと思ったら一部でも変えてみると大きな値上がりが期待できます。

 

仮想通貨はどこで買うのが良い?

仮想通貨を購入するための取引所は既に国内には複数存在します。中でもセキュリティの強固さで高い評価を受けるDMM Bitcoinが長期的にお金を預けるには都合が良いでしょう。こちらは運営元があのDMMですし、経営の安定性においては他を凌ぐ業界トップクラスの実力です。取引所に銀行並みの信用を求めるならDMM Bitcoinをおすすめします。ビットコインは勿論カバーしていますし、豊富な銘柄を揃えた貴重な取引所です。リップルなどのビットコイン以外の通貨も試してみたい方にはDMM Bitcoinは強い味方です。

DMM Bitcoinの無料口座開設はこちら