個人は仮想通貨投資で資金調達の時代? 急激な値上がりを見逃すな!

f:id:review-osusume:20180108004820j:plain

個人でクリエイター活動をされている方にとって、予算は非常に大きな問題です。多くの場合、個人のクリエイター活動で十分な利益を上げることは難しく、予算を確保することが大変なのが現状です。しかし仮想通貨投資でそれが変わるかも知れません。

クリエイティブな活動には決まってお金はかかる

例えば絵を描くのにキャンバスを買ったり、ペンタブを買ったり、必ず何かにお金が飛びます。服を作るなら生地は常に必要ですし、動画を作るならカメラにPCは必須でしょう。このブログだってPC無しで制作するのは難しいです。何かを作るクリエイティブな活動には大なり小なりお金がかかります。

一方、日々の活動できちんと制作コストを回収できるだけのリターンを得ているという方は少数派ではないでしょうか?実際は月の給与からお金を出して何とかやりくりしているのが現状だと思います。もっとプロダクトにお金をかけたい!と思っても、個人規模でお金を調達しようとすると投資してくれる所は日本は少ないです。

クリエイターには絶えず外圧がかかるが、お金は支払われない

日頃クリエイティブな活動をさせている方は、多くの場合「こうすればもっと良くなる」、「こっちに変えろ」という外圧を受けます。その時、変化に対応する資金が提供されることは多く有りません。その場合、資金を抑えつつ変化に対応するか、あるいは現状の方針を維持するのかの2択になってしまいます。

しかし仮想通貨市場の豊富な資金はそうしたクリエイターに、短期的には追い風となる可能性が高いです。

仮想通貨投資は儲かる桁が違う

ビットコインの2017年のチャート

2017年、仮想通貨が投資家から注目されたのは年間何十倍にも価値が上昇したからです。代表的なビットコインは年20倍価値が増加しました。年始に買って年末20倍になっているなら、これほど美味しい投資はありません。しかも仮想通貨は登場したばかりで右肩上がりに資産が増えていくため、赤字にもなりにくいです。億り人と称される1億円超えプレーヤーも複数登場し、市場は大変盛況となりました。

私も実際に運用していますが、100万単位の利益がすぐに出るので、下手に投資を募るより確実に楽です。お金の出所に作品の内容について指定されることも有りませんし。

クリエイターも余剰資金を預けると吉

クリエイティブな活動をしているとはいえ、年がら年中お金がかかるかというと、少し違います。実際は春か秋か、シーズンオンで大きくお金がかかることがほとんどです。逆に言うとオフシーズンはある程度資金をプールしておく期間が有るということです。その間、銀行に預金しておいても利子は期待できませんし、仮想通貨に変えておけば、必要な時にかなり増加して予算面に余裕が生まれます。

安全な銘柄は有るの?

眠っている資金とはいえ、いつかは必要になるもの。無くなっては困りますよね。そういう時は上昇が緩やかで大きく下落しにくい銘柄を選ぶと良いでしょう。2018年ならビットコインイーサリアムがこれに該当します。どちらも仮想通貨の世界ランク1位と3位の通貨なので安定感が有ります。

高利回りな銘柄は有る?

現在世界ランク2位のリップルは、ビットコインなどに比べると高利回りな仮想通貨です。2017年10月には一ヶ月で10倍に値上がりした例も有り、一気に世界ランク2位にのし上がりました。もし中期的に大きな値上がりを期待するなら、リップルを購入するのはおすすめできます。もっとリスキーな銘柄も有りますが、ひとまずリップルは鉄板銘柄です。

どれくらいの資金がいる?

1億円超えを狙うトレーダー達は少なくとも数百万単位で投資していますが、60分のアニメでも作らない限り、そんなに予算が有っても使い切れないです。実際は10万円の投資で5倍の50万円を狙うくらいがバランス的にも丁度良いと思います。個人単位のプロダクトで一回50万円の予算が有れば十分すぎるのではないでしょうか。同人誌をかなりの部数発行しても足ります。
期間も半年程度を見ておけば熟成期間としては十分です。

どこで購入する?

f:id:review-osusume:20180108005636j:plain

仮想通貨は専門の取引所に自分用の口座を作って売買します。

ビットコインやイーサリアムは何処でも取扱いが有りますから、特におすすめの取引所というのは無いです。ただしリップルは特定の取引所でしか購入できないので注意してください。GMOコインは仮想通貨の取扱いが豊富で、ここに挙げた銘柄は全て購入できます。

GMOコインの無料口座開設はこちら