2018年の仮想通貨高騰に乗り遅れない方法

f:id:review-osusume:20180123103130j:plain

2017年は仮想通貨の高騰が一般にも広く知られる1年となりました。この上昇相場に乗り遅れた!と感じている方、実は2018年も引き続き上昇相場となりますので、今からでも最新の流れに乗れる方法をお伝えします。

2017年は仮想通貨全般で驚異的に伸びた

2017年はご覧の通り、ビットコインを始めとした多くの銘柄で数十倍、数百倍の伸び率を記録しました。もし貴方が2017年の年始に10万円を投資していれば、それは今頃数百万、数千万になっていた計算です。逃した魚があまりに大きいので目眩がしそうですが、安心してください。2017年は仮想通貨のいわば準備段階。市場に評価され、急上昇するのは2018年が本番です。ですから今のうちに始めれば2019年までに大きく利益を上げることは可能です。

2018年はビットコイン以外の銘柄が伸びる

2017年はビットコインの上昇が話題の中心でした。しかし2018年ではその成長はもっと緩やかになると予想されています。代わりに台頭してくるのが、ビットコイン以外のまだ十分に評価されていない仮想通貨達です。これらはビットコインの時価総額の数分の一から数百分の一の時価総額で、評価が固まり価格を高騰させるのはまだこれからです。
ですから、もし2018年に仮想通貨から大きな利益を上げたいと思うなら、ビットコイン以外の銘柄に着目してみるのが良いでしょう

2018年注目の銘柄はこれ

リップル

リップルは金融機関の送金ネットワークとして開発された仮想通貨で、日本でもメガバンクを中心に既に研究が進んでいます。2018年早々、各国の銀行からリップルを取り扱うニュースが飛び込んできており、2018年最も実用化が進みそうな銘柄です。
また急上昇の勢いが強く、2017年12月には一ヶ月間に10倍に高騰しました。比較的遅くに仮想通貨に参入した方もこの高騰で大きく稼ぎを上げており、そのことからリップルは国内投資家に根強い人気があります。

イーサリアム

イーサリアムは世界第2位の仮想通貨で、ビットコインに比べると少し出遅れている感があります。価格はその分割安で、ビットコインよりも数段上の上昇余地を残しています。ビットコイン以外の銘柄の中では比較的手堅い選択肢で、損はしたくないけど大きく増やしたい、という方に特に適しています。

リスク

リスクは簡単という意味の仮想通貨で、主にアプリに関連した使用を想定して開発が進められています。これも国内投資家の間で人気のある銘柄で、短期的には1単位当たり1万円、現在の相場の4倍を目標にしています。イーサリアムやリップルに比べて、まだそれほど高騰している銘柄では無いため、2018年を通して大きく成長する銘柄を探している方にはリスクはおすすめできます。

仮想通貨はどこで購入すれば良い?

仮想通貨は専門の取引所で売買が可能で、既に国内にも複数の取引所が運営されています。注意するところは、取引所によって扱う銘柄がバラバラということです。10以上扱う取引所も有れば3つほどしか扱わないところも有ります。2018年はマイナーな銘柄が伸びる年ですから、出来るだけ取り扱う銘柄の多いところを選ぶと良いでしょう。

今回紹介した3つの銘柄はGMOコインとbitFlyerで全て取り扱われています。リップルを購入するならGMOコイン、リスクを購入するならbitFlyerで取扱われています。

またセキュリティに強く、安全に資産運用したいという人には現状bitFlyerが最も適しています。

GMOコインの無料口座開設はこちら

bitFlyerの無料口座開設はこちら