2番目に開設するべきおすすめの仮想通貨取引所

f:id:review-osusume:20180128135142j:plain

仮想通貨投資を始めてしばらく経つと他の銘柄にも手を出したくなったり、資金の分散の問題から新たに口座を作りたくなってきます。ここでは2番目に口座を開設する際のポイントをまとめました。

高騰銘柄にもチャレンジしてみる

最初の口座ではビットコインやイーサリアムを積み立てており、順調に含み益を増している場合、もう少しリターンの大きい銘柄にも興味が出るものです。そういう方は2017年100倍以上に高騰したモナーコインやネムから初めてはどうでしょう。特にネムは独特の強固なコミュニティを形成しているので、投資家同士で仲間を見つけやすいです

これらの銘柄はZaifで購入することが出来ます。Zaif自体は他の国内取引所とは少し毛色の異なる銘柄を扱っているのが特徴で、ビットコインなどよりも大きく増やしたいユーザーの需要に応えています。

Zaifの無料口座開設はこちら

国内展開していない銘柄も買いたい!

2018年、仮想通貨の銘柄は1000を超えています。国内取引所で購入できるのはその内の10ちょっとです。世界にはまだ見ぬ高騰銘柄が沢山眠っています。
勿論超マイナーな銘柄だけでは有りません、世界第5位のエイダコインや6位のステラーなど、時価総額では世界有数の順位にいながら、国内では買えない状態の銘柄が沢山有ります。これらは2017年末のリップルの様に、瞬間的に高騰する可能性を持っている上、名も無い銘柄に比べると信頼度は断然高いです。特にエイダコインの国際的な格付けはイーサリアムと同等に評価されています。

これらの銘柄は海外取引所BINANCEを使えば購入可能です。日本語対応しているため、開設もスムーズに行えます。ビットコインかイーサリアムで入金する仕様になっていますが、これも既に国内取引所に口座を持っている場合は、そこから簡単に送金できます。

Binanceの口座開設はこちら

送金手数料は安いか

最初に作った口座は長期保有用にし、2番目の口座は各サービスに頻繁に送金するための口座とする考えも有ります。他のウォレットなどに送金するなら、ビットコインの送金手数料が無料なGMOコインが強い味方です。ビットコイン、イーサリアム、リップルといった2018年送金用に主に使われている銘柄はカバーしているので、相手の都合で銘柄が指定される場合にも対応できます。
またGMOコインは経営母体の大きさ・安定度では国内取引所の中でも圧倒的ですから、セキュリティや保障を心配する人も口座を作りやすいです。

GMOコインの無料口座開設はこちら