bitFlyerとGMOコインはどっちがおすすめ?

bitFlyerとGMOコインはどっちがおすすめ?

国内取引所内でも大手のbitFlyerとGMOコイン。どっちで口座を作れば良いのか迷ってる人向けに今回の記事をまとめてみました。

セキュリティ強度は互角

一時話題になったマルチシグへの対応やコールドウォレットでの保管など、顧客の資産保護への取り組みでは双方ほぼ互角と言って良いでしょう。bitFlyerは世界的な取引所のセキュリティランクで上になることも有りますが、GMOコインも上場企業が運営する安定性、外部のセキュリティ専門家を招くなど抜かりない体制を取っています。
ハッキング被害に対するリスク度の低さでは2社に際立った差は感じません。

取扱銘柄は結構違う

bitFlyer:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナーコイン、リスク

GMOコイン:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ライトコイン

2社の取扱銘柄を見てみるとビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインなどのメジャーな仮想通貨はどちらも取扱いが有ります。違うのはよりマイナーな銘柄で、bitFlyerがモナーコインやリスクなどを独自に取扱い、GMOコインはリップルを取り扱っています。

品数という点ではbitFlyerが有利ですが、GMOコインが取り扱うリップルは全仮想通貨中でも将来性では1,2を争うほど高い銘柄です。正直リップルの魅力に比べるとリスクやモナーコインは数段落ちると言わざるを得ません。
個人的にもリップルを買いたいかどうかが2社を選ぶ際の分かれ道と言えそうです。

サポート体制はbitFlyerが有利か

口座を実際に作り、いざ取引を開始しようとしたときのサポート体制はbitFlyerの方が有利と言えます。というのもGMOコインはユーザーが有利な相場状況では取引を規制する取引所です。「絶対にユーザーに勝たせたくないという強い気持ちを感じる・・・」と評価されるほど規制が激しいのがGMOコインです。
もしGMOコインで運用するなら短期取引で稼ぐのは難しいです。一旦購入したら数十倍になるまでガッチリ保有する運用法がGMOコインには向いています。

bitFlyerの無料口座開設はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

送金手数料無料は何かと便利

GMOコインの大きな特徴としてビットコインの送金手数料無料というのがあります。これは例えば、他の取引所に資産を移す、決済用にビットコインを振り込むなどのシーンで威力を発揮します。もし頻繁にビットコインを送金することが有るなら、そのためだけにGMOコインに口座を作るのも有りです。

GMOコインの無料口座開設はこちら