Amazon Mastercardは女性の買い物もお得に済ませる専用カード

Amazon Mastercard

Amazonを利用する上で少しでもお得に買い物がしたいなら、Amazonマスターカードを一度は検討してみるべきです。 クレジットカード決済による手間の少なさや、ポイント還元による実質値引きといったAmazonをより快適に使えるサービスが充実しています。

Amazon Mastercardクラシック

Amazonのクレジットカードにおける入門編がこのAmazon Mastercardクラシックです。

Amazonの段ボールのデザインをあしらったような模様が特徴的で、見た目に独特なカードです。 当然ながらAmazonのサービスとの親和性も高く、通常の買い物で1.5%のポイントが付与されます。 通常のカード払いですとAmazonポイントはたまりづらいのでヘビーユーザーほど持っておくと得のするカードになっています。 更にプライム会員に加入することで2%にポイント率がアップするのも特徴です。

年会費は年1080円(初年度無料)。更に年間1回以上の利用で毎年タダになるので、買い物用のカードとして一枚持っておくには良いカードです。 更に今なら5000円のポイントを配っているため、同時にプライム会員に加入しても会員費を相殺することが出来ます

Amazon Mastercardクラシックの詳細はこちら

Amazon Mastercardゴールド

クラシックの上位カードがこちらのAmazon Mastercardゴールドです。20歳以上からと制約もほどほどで、よりプレミアム感の強いカードになります。

上位カードだけあってポイント還元率が高く、よりお得感を強調しています。 Amazonでの買い物では2.5%のポイントが付与され、クラシックに比べると最大1%増加します。 年間で計算すると100万円以上Amazonで買い物されている方も少なくなく、1%という数字は無視できない差です。 またクラシックではプライム会員費は別途請求されていましたが、ゴールド保有者はプライム会員費を払わずにサービスだけを受けることが出来ます。

ただしゴールドはあくまでプレミアムなカードですので、年会費は10800円と高めです。 レビュー数もクラシックの方が3倍以上多いことから、やはりゴールドを選択する人はAmazonの各サービスを積極的に利用するヘビーユーザーがメインということでしょう。 全ての方に必須ではありませんが、Amazonを頻繁に利用する方ほど得をするスペシャルなカードとして設計されています。

Amazon Mastercardゴールドの詳細はこちら

料金的にはゴールドが得かも?

ゴールドは年会費がクラシックよりも高く、年10800円が費用として発生します。 一見するとクラシックの方が安上がりに感じますね。 年会費の発生するカードはそれ自体敷居の高さを感じさせますが、10800円はクレジットカードになじみの無い方にはやや高額です。

ポイントは、ゴールドカードには割引制度が有り、実際の金額はかなり減額される点です。 まず加入と同時にマイ・ペイすリボの加入で5400円の割引、更に年間6回の使用で1080円が引かれます。 Amazonでの買い物専用に作るカードならこのハードルは高くありません。最終的には4320円にまで減額されます。

またゴールドカード所有者はプライム会員の得点を全て受けられるので、3900円のプライム会員費を節約することが可能です。 これらを全て計算するとカードそのものを維持管理する年間費500円ほどまでコストカットすることが出来、かなりお得です。

クラシックカードは一度でも使用すれば年会費免除ですが、プライム会員費は別にかかります。 クラシックとゴールドでは0.5%のポイント差が付くため、この500円の差は結構簡単にポイントで解消されそうです。 少なくとも毎月定期的にamazonで購入されるユーザーはゴールドの方がお得感が強いと思います。

マイ・ペイすリボにだけ注意

ゴールドの割引条件にも指定されているマイ・ペイすリボですが、サービスの内容は一定金額以上の支払いをリボ払いに振り分けるという物になっています。 つまりまとまった金額の買い物をしたら決められた金額以上の代金は分割払いで支払っていくというスタイルです。 その為、まとまった金額を一度に払う必要が無く、買い物の負担感が少ないのが特徴です。

マイ・ペイすリボには手数料がかかる

当たり前ですが、リボ払いにした分は一般的なローンと変わりませんので決められた金利を合わせて払う形になります。 これはリボ払いにした金額が大きく、分割払いする期間が長いほど負担が大きくなるので注意が必要です私も以前まとまった金額をリボ払いに変更したことがありますが、元の金額+数万円を余計に支払う形となりますので、安いショップで購入してもお得感が薄れるという問題が発生します。 一見お得そうに見えますが、あまり多用すると結果的に余計なお金を払い続けることになるので注意が必要です。