FH-9300DVSはカロッツェリアの最強2DINオーディオ

FH-9300DVS

カロッツェリアから新作の2DINオーディオ、FH-9300DVSが発売されました。Apple CarPlayなどスマートフォンの連携機能も充実した高音質オーディオユニットで、数年後まで定番となりそうな本格的なモデルです。

Apple CarPlayAndroid Autoに対応

FH-9300DVSの最大の特徴と言えば、AppleGoogleの提供するスマホ連携機能、Apple CarPlayAndroid autoに対応したことではないでしょうか。 おかげでFH-9300DVSはカーナビではありませんが、携帯端末の通信機能を利用してナビ機能を使用可能にしています。特にGooglemapの精度は非常に高いことでも知られていますね。 それまでカーナビはスマホで十分、と思っていた層にも、より大画面でナビが表示されるのはやはりメリットが有ります。スマホの画面サイズでは大まかな経路は大丈夫ですが、細かい路地に入る際に見づらさがありました。 またソフトウェアの更新で、内部のアップデートも定期的に行われます。

実際にAppleCarPlayによるナビを使用してみましたが、正直周辺情報はコンビニやファミレスなどが点在するだけで非常にシンプルなマップが表示されます。この辺りはiOS純正のマップアプリを使用している方はイメージし易いでしょう。シンプルなマップなので右左折のポイントもわかりやすく、通知も適切です。ナビの使い勝手としては必要十分な機能を有しています。 移動中は停車時に細かくログを取っているようで、目的地に到着後再度車を始動させると自動的に目的地が自宅に切り替わるなど、機能面は意外と細部まで作りこまれています。

その他には、電話、メッセージの送受信、端末内に保存した音楽の試聴と言った連携機能を有しています。本体にはマイクが付いている為、オートバックスなど店頭で付けてもらう場合は、最初から通話の準備が完了しています。余談ですがこのFH-9300DVS、店頭では2DINオーディオ扱いになるため、取付け工賃がカーナビと比べると段違いに安く、単純に両者の定価以上の差が出来ます。 勿論、ナビを使用しながら音楽の試聴と言った複数機能を平行して使用することも可能です。iOSでもandroid機でも提供される機能は同等なので、OSの違いで購入を迷う必要はありません。 操作はステアリングホイールの他、タッチパネル操作で、これもスマホに近い操作感で非常に使いやすくなっています。

Apple CarPlayの詳細はこちら

充実したAV機能

7型ディスプレイはフルHDの動画再生に対応しており、対応コーデックも.mp4、.avi、.wmvと幅広いです。カバー範囲はこれだけ有れば手持ちの動画はほぼ再生できるはずです。大容量のファイルはポータブルHDDを接続することで、スマホ内の容量を圧迫することを防ぎます。

FH-9300DVSは、本体にナビ機能を盛り込まずオーディオ機としたことで、同社サイバーナビに負けない高音質を追求しています。 パイオニアがカスタム下48bitデュアルコアDSPチップのおかげで、ノイズを抑制し高いS/N比を実現しています。基盤に設置するコンデンサや抵抗類もルビコン社製の新パーツをふんだんに使用することでこれまで以上に原音に忠実な音楽を楽しむことが出来るようになりました。純正のヘッドユニットに比べると、素人にも体感できるレベルの音質向上の効果が有ります。

対応フォーマットとしては、192kHz/24bitのFLACファイルの読み出しに対応しており、カーオーディオ環境でも高音質なハイレゾ音源を楽しむことが出来ます。 20kHz以上がカットされた圧縮音源に関しても、アドバンスド・サウンドレトリバーで補完することで音の余韻や空気感をよみがえらせてくれます。

タイムアライメント機能もばっちり搭載されているため、運転席の目の前でボーカルが歌うように調節出来ます。 他に13バンドのイコライザー、曲間をノンストップミックスするMIXTRAX EZ、ディスプレイやキーのイルミネーションを変更するフラッシングカラーなど高音質なスピーカーの性能を更に引き出す機能、ユーザー好みに調整する機能が盛り沢山です。

アプリ面ではSpotifyAmazon Musicなどストリーミング音楽サービスが既にiOSandroidの両方で対応しています。どちらも大画面液晶での操作はスマホよりも直感的でわかりやすく、実際に使用しているとこれらのサービスをもっと使用したくなります。特にAmazon Musicプライム会員なら無料コンテンツが豊富に用意されていますし、最近では月額の聞き放題サービスもスタートしました。逆にApple CarPlayなどに対応していない音楽アプリは上手く連携できず、少し操作がやりづらい印象です。

パワーは50W×4ch

FH-9300DVSはツィーター、ウーファーの他、サブウーファーも接続可能で、車内でも強い重低音を響かせることが出来ます。もしウーファーとツィーターだけでもバスブースト機能で低音を補うことで迫力の低音を響かせてくれます。 ユニットのパワーは50Wで、これだけ有れば車内で鳴らす分には不足無い音を出すことができるでしょう。

カーナビ感覚で導入可能

FH-9300DVSは2DINオーディオのため、カーナビと同じ感覚で導入することが出来ます。純正ナビが付いているなら、ベンツなどの外車にも付きます。

ただし、純正でナビを付けていない場合等は、ナビ取付キットが必要です。これらは通常オートバックスにもストックされているものですが、珍しい車種の場合は店頭在庫が無い場合が有ります。取付キットに関しては持込可とするショップも多いので、事前にAmazonなどで調達しておくのも手です。

2017年夏発売なのでまだ発売されたばかりの製品です。カロッツェリアの高級機と言うことも有り、2DINオーディオとしては高価な4万円後半に価格が設定されています。 ただしスマホと連携することでナビ機能などカーナビ相当に動くため、通常の2DINオーディオより多機能で、一方カーナビよりもコストパフォーマンスは良いと言えます。

三菱など音質にこだわったカーナビは10万円を平気で超えることを考えると、音質重視のユーザーにとっては安くて音が良くて便利という良いとこ取りの様な機種ですね。