30万円から始める仮想通貨投資! ビットコインやリップルなど

f:id:review-osusume:20180106000415j:plain

30万円というと、大学生の初任給の1.5ヶ月分くらいでしょうか。このくらいならリスク資産でも投資出来る方は多いようで、予算に30万円と答える方は沢山います。ここでは30万円を運用して積極的に増やす方法を考察していきます。

目標額は100万円

30万円を投資していくらまで増やすのか? 今回は目標額を手堅く100万円にしました。30万円からの上昇で達成しやすいことと、単純に100万円に増えたら凄い達成感が有る!ということで決めています。勿論人によっては一発ホームランで達成してしまうことも有るので、それ以上の目標額を設定しても良いです。

銘柄は2つほどに抑えて威力重視

30万円の予算が有るので10万円ずつ3銘柄購入する作戦も考えましたが、ここは1銘柄当たりの利益を大きくするために、敢えて2銘柄に絞ることにしました。その中で私がチョイスしたのは、

・イーサリアム
・リップル

この2つです。よりリスクを抑えたい方はイーサリアムをビットコインに、大幅な上昇を求める方はリップルをモナーコイン当たりに変えても良いです。

この2つを選んだ根拠ですが、イーサリアムは2018年まだ十分に評価されておらず上がりきっていない仮想通貨なので、1イーサリアム当たり30万円まで伸びしろが有ります。リップルは今急速に伸びていることから一時的な下落は有るでしょうが、こちらも1000円は遠いところでは有りません。どちらも3倍の値上がりは十分期待できます。

ビットコインは仮想通貨の代表格で価格上昇は穏やかですが、急激な下落の可能性も低く、リスクを嫌う方に適しています。

仮想通貨の銘柄は選べる方が良い

2018年はビットコイン以外の仮想通貨が伸びる年です。ですから、出来るだけ色んな種類の仮想通貨を購入できることが収益を伸ばす鍵になります。
今回紹介した銘柄はbitFlyerとGMOコインで揃えることが出来ます。リップルが気になる方はGMOコイン、モナーコインが気になる方はbitFlyerが良いでしょう。
どちらもそれぞれ特色が有り、金融機関と主に提携するリップルは仮想通貨そのものの信頼性が一番高いです。モナーコインは国産仮想通貨として人気が有り、2017年には600倍に高騰しました。

ちなみに一応FXも使えますが、30万円を100万円にするくらいならFXで売買する必要は無いです。かえってリスク要因になるため、普通に購入して数ヶ月間寝かせる投資法が吉です。

bitFlyerの無料口座開設はこちら

GMOコインの無料口座開設はこちら